私はルート営業をしている43歳のサラリーマンです。
日々、大きめのショルダーバックを携えて、あちらこちらの会社を回るのが仕事です。

ただし、そのショルダーバックには、嫁や同僚には決して見せることができない、あるモノが入っています。

エロリーマン

さて、今日も行くかな

などと、近頃とみに多くなってきた独り言を繰りながら、日中からテレクラに入店。

本日は、一通りの営業予定をこなしましたので、仕事は切り上げる事にしたのです。

最近では、無店舗型のテレクラの方が手軽と言われていますが、家庭がある人間の場合は店舗型の方が利用し易いのです。

何より、個室という一人の空間で、アダルトビデオ見放題、気兼ねなくオナニーまで出来てしまいます。

座り心地の良いソファーで一息つきながら、女性からのコールを待つことにします。

平日のこの時間帯は、コール数は若干少なめ。

ただし、アポ率の高い素人主婦からのコールに期待できるため、サボリーマン最強と言われる所以です。
スマホゲームなどをしていると、早速1本目のコール。

「こんにちは~」

努めて、明るく挨拶をします。営業と同じで、暗い印象ではうまくいかないのです。

「こんにちは」

先方は、落ち着いた感のある口調で、これは間違いなくギャルではないでしょう。

話を聞けば、33歳主婦で、名前はアイさんとのこと。

今日は、嫌なことがあったのと、暇だったので電話してみたそうです。
暇つぶトークで終わる可能性も高かったのですが、そこは仕事で鍛えた交渉力を活かし、どうにかアポ取りに成功します。

パチンコのオスイチみたいだなぁと思いながら、いそいそと店を出ました。

待つこと10分、少し遅れてアイさんはやってきました。

顔は、まあ、普通だったのですが、暑い日だったせいか、まさかのチューブトップ。
ギリギリ谷間と、全開の両ワキがたまりません。

お互い大人で、お互い時間もあまりありませんので、阿吽の呼吸でラブホにチェックイン。
アイさんは、何事も展開が早くて助かります。

さて、問題はここからです。
2人で、シャワーを浴びたのち、ショルダーバックから例のモノをおもむろに取り出します。

「水…着? 競泳水着?」

「はい。これ、着て下さい。アイさんに似合うと思います!」

謎に元気なテンションで、白い競泳水着をアイさんに手渡します。
その勢いにあてられたのか、

競泳水着のアイ競泳水着のアイ

ちょっと、キツイ

などと言いながら競泳水着を着用してくれました。

白い競泳水着を着たアイさんに、M字開脚をしてもらいます。

さらに、水着の上から、胸や股間にローションを垂らしていき、両手でサワサワと刺激します。

競泳水着のアイ競泳水着のアイ

ひゃうっ

たまらず声をもらすアイさんが、ともて可愛く見えました。

エロリーマン

白いから、ローション垂らすと色々透けますね

競泳水着のアイ競泳水着のアイ

…なんか、脱ぐより恥ずかしいかも…

水着ごしの愛撫を続けながら、アイさんと、舌を絡めながらの長い長いディープキス。

私のペニスも、ギリギリと音を立てそうなほどに勃起しています。

フェラをしようというアイさんを押しとどめ、股間の水着を少しずらしてそのまま生挿入。

アイさんを四つん這いにさせて、ローションでぬるぬるしたお尻を掴みながら、激しく何度も突き上げます。

その後は、水着着衣のままで、なんと3回戦ほどこなした後、「夕食の準備が…」などと、しおらしい理由でお別れすることに。

セフレ化を狙ったのですが、残念ながらライン交換には至りませんでした。

「まあ、次があるか」

そう言いながら、私は、水洗いを済ませた水着をしまい、ショルダーバックを肩にかけ直したのでした。