テレクラはもしかすると時代の最先端を走っているとっても過言ではなく、自らの体験からそういった考えに辿りついてしまったのだ。つい最近山梨を訪ねる機会があった。

福井在住の男性からの体験談福井在住の男性からの体験談

テレクラって本気度の高さでは、現在ナンバーワンなのではと思ってしまう。時代遅れと言うなかれ、だからこそ時代の狭間で解消できない性癖を持った人たちが集っているのだと感じてしまうのだ。

テレクラはもしかすると時代の最先端を走っているとっても過言ではなく、自らの体験からそういった考えに辿りついてしまったのだ。つい最近山梨を訪ねる機会があった。山梨なんて俺の人生の中でほとんど縁もゆかりもない土地、当然山梨の楽しいスポットなど知る由もなく、普通に山梨の街の雑踏の中で寂しい夜を過ごすのだろうと思っていた。

しかしそんな山梨での滞在中、存分に楽しませてくれることになったのがテレクラである。テレクラって本当にお手軽ツール、俺的には出会い系サイトなども利用したこともあるが、テレクラの引きの強さはかなりのモノと言えた。

のっけから変態風情の熟女に捕まってしまい、テレクラでの初のテレホンセックスに付き合わされる始末。ガラガラ声のオバサンは俺の言葉責めに悶絶、受話器越しにビチャビチャと音まで聞かせてくれる色欲ぶりだ。

「会ってみない」とお誘いを受けたものの、声がダメだったのでスルーさせてもらい次へと期待を持つ。ムラムラを抱えた山梨女子は多いのだろうすぐに連絡がついた、今度はかなりカワイイ声の主、先ほどの熟女とは違って若そうな雰囲気。仕掛けは早めがいいだろうと「暇だったら会って話そうよ」「えーどうしよう」「ねっいいでしょ、せっかくダ・カ・ラ」と強めに押すと、「う~ん、わかった」と渋々OK頂き、押しに弱そうかな。山梨の街角でテレクラを通して出会う見知らぬ男女、官能小説のような世界感がいいではないか。山梨って夜になると人通りもまばらで出会うのはとても簡単だった、かけてくる彼女。

 

えっ幼くない大丈夫と心配したが、れっきとした25歳の女性、いつも未成年に間違われて困っているらしい。近場のカフェで少し休憩、エッチな話になるや否や突然のカミングアウトに呆然。なんと彼女は露出プレイにチャレンジしたいようだ。そういえばどことなく露出度高め、顔に似合わず体の発達具合も中々だ。テレクラを利用したのは1人では怖いため見知らぬパートナーに手伝ってもらいたいということ。それじゃあお手伝いしましょと山梨の某ディスカウントストアへ。

トイレでブラを取り、スカートも少し短めに設定。こりゃかなり大胆だ、乳首がほのかに確認できるほか、スカートは際どく歩くたびパンチラしそう。しばらく店内をうろつかせ見守っていると、案の定変態男性が彼女に付きまとってくる。

いやらしい視線に困りながらも懸命に頑張る彼女の顔は高揚しており興奮をうかがわせた。モゾモゾしだし、股間辺りを抑え始めギブアップの合図。彼女はもう我慢できないようで、すぐさま挿入してほしいと訴えてきたので、そのままトイレに連れ込みズッコンバッコン。パンティはシミだらけでここまで濡れるかっていうくらいグチョグチョ、いや~興奮してたなぁ~。彼女曰く、テレクラでまだまだいろんな男性を求めているようなので、気になる男子は早い者勝ち。