一夜だけの関係であるテレクラが最強ですし、お金も安上がりなのでとても気に入っています。

栃木在住の男性からの体験談栃木在住の男性からの体験談

自慢ではないが、俺はかなりモテます。実年齢は40代半ばですが、顔は徹底的にケアしているのでシミや皺がなく、20代に間違えられる程です。髪も薄くなく黒々としていて、体型もジム通いで細マッチョです。

それなら、テレクラを利用しなければと思うでしょうが、モテるからこそ性格が悪いのです。だから、一夜だけの関係であるテレクラが最強ですし、お金も安上がりなのでとても気に入っています。

栃木のテレクラを利用するのは、地元という理由もあるが、実はそれ以上の価値があるからです。それは、観光客や一人旅行の女が、栃木でテレクラを利用するからなのです。

目的として、寂しいからや食事が食べたい、ちょっと遊びたいなど理由は様々です。そこで、自称イケメンの俺が登場するのです。パターンとしては、宇都宮で待ち合わせするのが、一番多いです。向こうも警戒しているので、宇都宮の駅近くにあるファミレスなどに行くのが、無難なのです。相手も何度か利用した事がある店だと、警戒心がとけるのも時間が掛からなくおススメです。ここでテレクラで話した以上に会話を弾ませると、ホテルには楽に行けます。テレクラで会った女の良いところは、面倒な事を詮索しない事です。ご飯と会話があれば、後は相当なヘマをしないかぎり欲望が満たされます。

この前は、一人旅をしている四国の20代後半の女とテレクラで知り合い、宇都宮の西口にあるマクドナルドでハンバーガーを数個購入しただけで、ホテルに行くことが成功しました。1500円ぐらいの出費で、関係をもてるのですから、風俗遊びが馬鹿らしくなります。プレイ内容ですが、旅の開放感なのか腹いっぱいだからなのか、とにかく濃いです。そして、スケベ過ぎます。チーズバーガーを食べながら、クンニされると馬鹿みたいに奇声をあげます。栃木では、「食べながらセックスするのは普通だよ」と言うと、本当に信じているようです。まあ本心ではないと思いますが、向こうも気持ち良ければ何でも良いのでしょう。ポテトをアソコに入れようとしたら、流石に拒否されましたが、刺身の女体盛りを真似た「マック盛り」プレイを許してくれた、この四国女はノリが良くてとても最高でした。多分、向こうも栃木の中年オヤジはスケベだと思ったでしょうが、まあ何でもありなのです。

翌日、本当ならそそくさとホテルを出るのですが、向こうが栃木だから餃子を食べたいとおねだりしてきました。

しかたがないので、また栃木では有名な某餃子店で持ち帰りをして、その近くの駐車場で最後のプレイ開始を要求しました。餃子が食べる前にやる事はと言うと、その四国女はそそくさとパンツを脱ぎ始めたのです。いや、俺は口でやってくれると期待していたのに、昼間から狭い車内で腰を動かすのは面倒です。そこで、栃木ではカーセックスはしないのがルールと言い張り、口でやってくれとお願いしたら、餃子を食べてからと言うのです。仕方なく、一人前の餃子を食べ終わるのを待つと、数個残して咥え始めました。私は残った餃子を食べながら、咥えてもらうと餃子パワーで性欲が漲るのか、いつもよりもアソコが元気なのです。二回お願いしようか悩んだのですが、流石にテレクラで出会った旅行の女にそこまでえ求めるのは酷なので、諦めました。

最後は栃木の日光まで送り届け、四国女とはお別れとなりました。車内は餃子臭いし、途中で疲れているのか女は眠っているし、少し変な体験をしました。こんな事もあるので、栃木のテレクラは止められないのです。