私がテレクラを利用し始めてこの間、何人もの女性とテレフォンセックスをしてきました。そして、テレクラに通えば通うほど気づいたことがあります。それは「テレクラには30代以上の大人の女性や人妻が多く在籍している」ということです。

山形在住の男性からの体験談山形在住の男性からの体験談

私がテレクラを利用し始めてこの間、何人もの女性とテレフォンセックスをしてきました。そして、テレクラに通えば通うほど気づいたことがあります。それは「テレクラには30代以上の大人の女性や人妻が多く在籍している」ということです。

私が利用していたテレクラは今はありませんが、夢一夜になりとても良い経験をさせていただきました。

女性は30代から性欲が強くなると言うこともあるので、テレクラに在籍している女性はほとんどの確率でかなりエッチです。また、人妻の場合は夫との性生活に飽きてきて、刺激が欲しいけど人妻風俗でバイトをする勇気がない人たちがテレクラでテレフォンセックスをして性欲の発散をしているケースがかなりあります。

つまり、テレクラにいる女の子たちは「決まって性欲が強く、性に積極的な女性ばかり」ということがわかりました。私は個人的に人妻とエッチなことをするのが大好きという趣味があるので、人妻とのテレフォンセックスを目的としてテレクラに通っています。先日テレフォンセックスをした女性もかなりエッチで私のエッチ心を刺激してくれる人に出会い、今度その人と会うことになりました。彼女の名前は「いずみ」と言い、33歳の既婚女性で夫との性生活に満足していない人でした。本当はもっとエッチがしたいのに夫にしてもらえず、性欲をテレクラで発散していると自ら言っていました。電話が繋がりそういった自己紹介的な会話を少しした後に早速エッチな話になりました。

テレクラはテレフォンセックスをするための場所でもあるので、お互い恥じらい無くエッチな会話をしていきました。「好きな体位」「どんな場所でエッチをしたことがあるか」「愛用している大人のおもちゃはあるか」など変態に近い会話でした。

そんなエッチな話をしていくうちにお互いムラムラしてきてしまい、オナニーをはじめました。「左手で乳首をはじきながらクリを触ってみて。どうなってる?」と攻めると彼女は「乳首がコリッコリに硬くなっててとれちゃいそう」「おま○こがビショビショに濡れてる」と言い、自ら「我慢できなくなっちゃった。挿れるね」と言いながら愛用しているバイブを挿入しました。「ブーン」というバイブの音とクチュクチュという愛液の厭らしい音が聞こえてきました。

「ねぇ、して?私でして?」という彼女の声に併せて私はビンビンに硬くなったアソコを扱きました。「あん・・あん・・・」といういずみちゃんの声にあわせて手を上下に動かし私も積極的に声を出しました。「出そう・・・」という私にいじみちゃんは「まだダメ。もっと!もっとして!私のおま○こ壊して!」と本当にエッチをしているような感覚になれるようなエッチな言葉に私は負け、いずみちゃんより先にイッてしまいました。「ごめん、出ちゃった・・・」というと「私もイッちゃった・・・すっごい気持ちよかった」と言ってくれました。その後、合計4回もテレフォンセックスを繰り返した私たちはテレクラだけでは満足できずに実際に会う約束をしました。

テレクラでまさか本当に会える約束にたどり着けるとは思ってなかっただけあり、今では約束の日をドキドキしながら「どんなエッチをしようか」と妄想オナニーを繰り返し、心待ちにしています。