接待で程よくお酒も入り、ひとりホテルに戻ればムラムラとしてきます。ちなみに既婚の子持ちですが、出張の時は自分へのご褒美としてテレクラに電話しています。

京都在住の男性からの体験談京都在住の男性からの体験談

30代のサラリーマンです。出張が多いのですが、ひとり出張の夜はテレクラでテレホンセックスしたり、テレクラで知り合った女性とのセックスを楽しんでいます。先日は鳥取出張で視察も終えて、後は帰るだけとなりました。接待で程よくお酒も入り、ひとりホテルに戻ればムラムラとしてきます。ちなみに既婚の子持ちですが、出張の時は自分へのご褒美としてテレクラに電話しています。

登録しているテレクラでは所在地でまさに鳥取の女性へ繋がるようになっているので大変便利です。

上手くいけば鳥取の女性とセックスを楽しみたい気分で既に勃起したチンポを剥き出しにシゴきながらテレクラに電話をしました。繋がったのは鳥取の熟女、ゆり子さんでした。僕の妻はまだ20代ですが、テレクラで遊ぶなら絶対テレクラ熟女です。

女性は年齢が上がるほど男に飢えていたり、濃厚なセックスをするからです。「もしもし、私45歳なんですけど、大丈夫ですか?」と美しく上品な声に石田ゆり子さんを想像してしまいました。聞けば僕が泊まっている鳥取空港ホテルまでタクシーで20分程とのことでした。ぜひ、この鳥取熟女と一戦交えたい思いで「タクシー代は僕が出します。鳥取空港ホテルのバーで少し飲むだけでもかまいません。鳥取出張の思い出にお付き合いいただけませんか?」と丁寧に誘いをかけました。ゆり子さんは二つ返事で鳥取空港ホテルへ駆け付けてくれました。ホテル内のバーで先に飲みながら、一度はフル勃起してしまったチンポをなだめてゆり子さんを待ちます。

すると、現れたゆり子さんは石田ゆり子さんとはかなり違ったイメージのぽっちゃり熟女でした。「ごめんなさい。お待たせしました」と肩で息を弾ませるゆり子さんは、森三中の黒沢さん風のかわいいぽっちゃり熟女でした。

隣に座ってもらいお酒をすすめると甘いカクテルを注文し、お互いの仕事や家族の話をしました。しかし、ゆり子さんペースが早く甘いカクテルを4杯ほどのむとトロンとした目で僕にしなだれかかってきました。これはイケル!と確信して、その後はこのテレクラ熟女をホテルの部屋へ持ち帰りました。

肉感的なゆり子さんに半ば襲われるカタチで、濃厚なフェラチオと騎乗位を食らわされました。危うく出てしまいそうだったので、体勢を変えてバックから突きまくり大きなオッパイを揉みしだきました。「あっ、あああ!スゴイ!オチンポ、オチンポ硬い!はああん、はぁ、イイ!おまんこ、おまんこ気持ちいい!おまんこイイ!イイ!」こんなに激しく乱れるテレクラ熟女と鳥取の熱い夜を楽しみ、朝までセックス三昧でした。最後でした。