SMテレクラを利用し、ドSな女王様とのテレエッチを楽しんでいます。テレクラはAVと違って会話を楽しみながら快感を得られるところに最大の魅力があります。

和歌山在住の男性からの体験談和歌山在住の男性からの体験談

私は和歌山県の和歌山市に住む39歳独身会社員男性です。私は女の子に言葉攻めをされたい願望が強くあります。そのため、SMテレクラを利用し、ドSな女王様とのテレエッチを楽しんでいます。テレクラはAVと違って会話を楽しみながら快感を得られるところに最大の魅力があります。私はテレクラでのエッチな会話をたっぷり盛り込んだテレエッチが趣味なので和歌山市のテレクラは頻繁に利用しています。先日仕事帰りにテレクラでテレエッチをした「マキ」という女性はとにかく私のドM心を満たしてくれる女王様でした。私がドMなことを知るとマキちゃんは徐々に口調が強くなっていきました。「おち○ち○をどうしたいの?」と聞かれ、「大きくなってます…。挿れたいです…」というと「え?何?聞こえない」と言ってわざと大声で叫ばせたりと私のドM心を攻めてきました。

「私のグチュグチュになったおま○この音聞きたいの?」と言って「はい…」と答えると「聞きたかったら私でもっと感じて!ほら、もっとシコシコしなさい!」と攻めてきました。そんなマキちゃんの言葉攻めに興奮した私は普段オナニーをするときと同じようにコンドームをかぶせ、左手は乳首を刺激し、右手でアソコを握りました。ドM心の抑えはきかなくなっており、「はぁ…はぁ…」と感じてしまいました。すると「ほら、もっと!」といいグチュグチュに濡れたおま○この音を聞かせてきます。それに耐えられなくなった私は1週間溜め込んできた精液を大量に放出してしまいました。薄黄色くなった精液がコンドームの中に溜まっているのを確認し、私は「マキちゃんに攻められて精子がたくさん出たよ」と言いました。彼女もまた「私で感じてくれてありがとう」と言ってくれました。そして彼女のことをすっかり気に入ってしまった私はマキちゃんにLINEの交換を申込ました。色々条件は出されたものの、マキちゃんは受け入れてくれて今では個人LINEでのテレエッチを繰り返しています。まさかテレクラでこんなエッチな人に出会えるとは思ってませんでした。しかもテレクラという場所をこえてLINEのテレビ電話で実際にオナニーを見せ合いながら感じることができるなんて思ってもいませんでした。私自身が経験したことから、和歌山県和歌山市のSMテレクラには本当にエッチな女の子が揃ってると思います。そして、自分自身の性癖を受け止めてくれる女の子が和歌山市のSMテレクラには必ずいます。ぜひ、機会があれば和歌山市のSMテレクラをご利用してみてください。