Aさんは知的なショートカットの美女で、あまりテレクラで知り合えるタイプの女性ではない雰囲気です。ホテルに向かって歩きながら仕事の話をすると「保母さん」という返事が返ってきました。

山形在住の男性からの体験談山形在住の男性からの体験談

先日、出張で長野県の長野市内に行きました。
一週間の長い出張ですので、無理をせず頑張ろうと思いました。
初日の夜に、まず長野に慣れようと思い、長野市内の繁華街を歩いてみました。
ふと見ると「テレクラ」の4文字の看板があります。
「面白そうだな…」と思ったのですが、いきなりテレクラは社員としてまずいかなと思い、その日はチェーン店のラーメンを食べてホテルに帰って寝ました。
翌日以降は取引先に行ったり、長野支社に行ったりと、忙しく仕事をこなしました。
ようやく仕事にひと段落つき、ホテルに戻ってビールを飲んでいる時に、初日に見た「テレクラ」の文字を思い出しました。
気付けば服を着替え、繁華街に行き、テレクラの中に入店していたという感じです。
テレクラの個室の中に座り、ワクワクした気持ちで電話が掛かってくるのを待ちました。
電話の合図があり、電話に出ると「もしもし」という可愛い声が聞こえてきます。
「もしもし!」と大きな声でハッキリ返事をすると「必死過ぎ!」と笑われてしまいました。
その必死さが良かったのか、彼女は「ぜひ会いたい」と言ってくれました。
30分後に長野駅前で待ち合わせをする事ができました。
「こんにちは」と笑顔で近寄ってきた女性が、先ほどの電話の女性Aさんです。


Aさんは知的なショートカットの美女で、あまりテレクラで知り合えるタイプの女性ではない雰囲気です。
ホテルに向かって歩きながら仕事の話をすると「保母さん」という返事が返ってきました。
「モテるでしょ」と私がつい言うと、「ハッキリ言ってモテる」と彼女は笑顔で言いました。
「でも、結婚はまだしたくないから」と彼女は言います。
まだ遊びたいからテレクラをたまに利用するとの事でした。
ホテルの部屋に入り、一緒に全裸になりシャワーを浴びました。
彼女の形の良い小ぶりなバストを見ていると、あそこが大きくなりました。
すると私のあそこを見た彼女が再び「必死過ぎ!」と言って笑いました。
私の緊張も解けて、シャワーを浴びながら彼女にキスをして、浴室でそのまま1度目のエッチをしました。
身体を拭いてベッドに行き、もう一度、今度は落ち着いてエッチをしました。
私が腰を一生懸命振ると「必死で素敵…」と彼女は喘ぎ声を出しました。
こんなに素敵なエッチができたのも、長野のテレクラとAさんのおかげです。
長野の女性は美しく、テレクラでの出会いもあり最高です。
また長野に絶対に出張したいと思いました。