テレクラが一昔前の男女の出会いのツールなんて思っていたりしませんか。もしそう思っているなら、それはまだまだ青い証拠。

山口在住の男性からの体験談山口在住の男性からの体験談

テレクラが一昔前の男女の出会いのツールなんて思っていたりしませんか。もしそう思っているなら、それはまだまだ青い証拠。本当はテレクラでよろしくやってる人たちがたくさんいるんです。特に私が仕事の都合でよく出向く岡山県ではテレクラ利用者は旺盛、それにあやかるかのように私自身も岡山県のテレクラに登録しおいしい思いをしていま~す。ホント気を抜いてると仕事中でも電話がなっちゃうくらいで、つい出てしまってかなりテンパることも。それがエロい内容だと、変な方にスイッチが入り悶々として仕事なんてそっちのけで岡山女子とのやり取りに集中しちゃうんだよなぁ。岡山県のテレクラは若い世代というよりも30代や40代はたまた50代、60代までの大人世代が多い。したがって熟女や人妻とのエッチな時間を楽しむには岡山県のテレクラがもってこい、選り取り見取りやりたい放題。どっかの芸人にも教えてあげたいくらい。

誰にも言うまいと秘密にしておこうと思っていた体験を、せっかくだから披露しちゃおう。特別だぜ~ぇ。アレは丁度、岡山県に仕事で出向くことになった朝。「今日岡山市内で遊びませんか」て、テンション低めでお誘いコメント。実は、この女性は何度かテレクラの伝言ダイヤルみたいなのでやり取りしていた方。これまでのテレクラのやり取りでも嫌な感じはなかったのですかさずOK、

40代の欲求不満のバツイチさんゲットです。意気揚々と岡山上陸、パパパッと仕事も片付け、待ち合わせ場所の某駅前広場に車を待機、彼女を待ちます。駅から降り立ってきた少々派手目な女性、それが彼女でした。露出度は低目、しかし激タイトワンピで体のラインでまくり祭り、全体的にムッチリで特にお尻のラインがえげつないくらいにブリーン。「神様ありがとう」一言感謝を伝えずにはいられませんでした。彼女の全身を舐めるように見てしまう私、彼女はまんざらでもないように「いやだ、うっふん」てな表情で自身ボディラインをナデナデ。はいラブホに直行します。岡山県のちょっとリッチなラブホに入店。そしてそのワンピをグイグイたくし上げ、巨尻をグッと掴んで立ちバックで突きあげると、熟女特有のスケベボイスがこだまするのでした。当然彼女はそれだけでは満足することなく、お尻をくねらせながら濡れたクロアワビを私にアピールしながら挿れて・早く・お願いと迫ってくる始末。お礼に濃い精子をまんこにたっぷり注入してやりました。散々抱いた後も彼女は備え付けのバイブでオナニーに励むほど淫乱、テレクラはこういった女性の宝庫なのです。